足袋蔵のまち行田
concept

写真

和装文化の足元を支え続ける
足袋蔵のまち行田

利根川、荒川の二大河川に挟まれ肥沃(ひよく)な大地を有する行田。
綿や藍が栽培され藍染の綿布製造が始まり、これを原料に足袋づくりが始まりました。

伝承によると、享保(きょうほう)年間(1716年から1735年)に 忍藩主が藩士の婦女子に足袋づくりを奨励したといわれています。
明治になりミシンが使われるようになると、足袋の生産量は増大。
忍商業銀行や行田電燈株式会社が設立され、資金と電力供給が安定し、ミシンの電動化が進みました。

以後、名実ともに行田の足袋は日本一に。
靴下が普及した今でも足袋の生産は続けられ、
新製品を国内外へ発信。「足袋と言えば行田」と親しまれています。

プロモーションムービー
promotional movie

足袋蔵のまち行田(2分)Tabikura's town Gyoda

きねや足袋(5分41秒)Kineya Tabi

サムライ足袋(1分)SAMURAI TABI

行田 足袋コレ
Gyoda Tabi Collection

足袋への想い
行田から世界へ挑戦!

2016年までベスト足袋ニストコンテストとして行われたイベントは、昨年から足袋コレと同一のコンテストとして生まれ変わりました。
「これこそ足袋」というこだわりを持った方や「こんなアレンジもあるのでは」という"新たな足袋"を提案したい方など、足袋"愛"あふれる方々のお申込みをお待ちしております。

写真

コンテスト

「行田足袋コレ」2018参加者募集


足袋に対するこだわりを持った方、足袋の履き方に新しいアレンジを提案したい方などの足袋好きの方を募り、優秀者を選定します。

■応募資格
どなたでも参加できます。

■応募方法
期日までに事務局ホームページやチラシに掲載のエントリーシートにご記入の上、写真1枚(正面)を添えて実行委員会事務局まで持参・FAX・メールまたは郵送してください。
(応募者多数の場合、事前書類選考あり)


■応募先メール  entry@gyoda-tabi.com

コンテスト2018概要


足袋"愛"あふれる方々のお申込みをお待ちしております!

■日時
平成30年11月11日(日)12:00~

■場所
行田市商工センター 2階ホール
埼玉県行田市忍 2-1-8

■応募期限
10月31日(水)必着

■審査基準
・足袋への愛着度
・足袋と服装のコーディネイトについて
・足袋の将来性が示されているか
・足袋のPR度合い
・当日の質疑応答

■賞金
ベスト足袋ニスト(優勝者)5万円他

■撮影
当日、参加者の方々全員撮影(写真、動画)を行います。撮影物は、HP、行田足袋のPRに活用致しますので、ご了承ください。

■問い合せ
行田足袋コレ実行委員会(行田商工会議所内)
TEL:048-556-4111 FAX:048-556-0059

■同時開催
・勾玉、はにわ作り体験
・カレーのイベント
・足袋屋横丁(足袋屋さんによる足袋の販売)

歴代受賞者

ベスト足袋ニスト2017
行田足袋コレ2017
ベスト足袋ニスト

若山 理絵さん・ももさん 親子
ベスト足袋ニスト2016
ベスト足袋ニスト2016
ベスト足袋ニスト

兼田 玲菜 さん
ベスト足袋ニスト2015
ベスト足袋ニスト2015
ベスト足袋ニスト

宇都木 由美 さん

お問い合わせ
contact

行田足袋 GYODA TABI JAPAN
〒361-0077
埼玉県行田市忍2-1-8
TEL
048-556-4111
埼玉県 行田商工会議所
【後援】
「足袋のまち行田」活性化推進協議会
facebook
行田足袋

協賛
Sponsorship

イサミコーポレーション
楽屋足袋
きねや足袋
後藤足袋
創作足袋 千代の松
SAMURAL TABI